交通アクセス・詳細情報

戌の日の混雑状況
事前予約 なし
受付時間 9:00~16:30
持ち物 なし
初穂料
公共交通機関
マイカー
駐車場
住所 〒615-8294 京都府京都市西京区松室地家町31
電話 075-381-3830
地図
公式HP ⇒ こちらへ
備考

体験談

今年のゴールデンウィークに妊娠~安産の祈願を兼ねて、京都市左京区の”鈴虫寺”という神社に行ってきました。 以前から友人数名から子宝に恵まれる有名なお寺があり・、そちらに伺って「妊娠・無事出産した」という話を聞き、名古屋在住なのでまとまった休みがあったら是非行きたいと思っていました。

こちらの正式名称は「妙徳山・華厳寺」というのですが、名前のとおり「鈴虫が1年中鳴いているお寺」なので通称・鈴虫寺と呼ばれています。その名前の由来の説明は住職さまのお説法で出てくるのですが、正式名称よりも”鈴虫寺”の方が知っている方は多く・インターネットの検索でもすぐ出てくると思います。 わらじ地蔵様が願いを叶えにきてくれるそうです。

大変多くの人が訪れ、専用駐車場も早く行かないと止められないかもしれないと聞いていたので、当日はなるべく早めにつくように早朝に家を出て高速を走り、午前10時半頃につきました。 しかし、もうお寺につづく階段には人が並んでいました。駐車場にはぎりぎり残りの1・2台が残っていたので、係の人が誘導してくれました。駐車場料金は確か500円だったと思います。あまりに混雑すると止められない場合もあるそうです。 車を止めて急いで先程の階段に急いで向い、前から3・4番目に並びました。 そのあとにも次々と人が並び10~15分後には階段下までいっぱいになっていました。

後から分かったのですが、鈴虫寺ではまず部屋に通されて、100~150名ほどの人が一緒に先にも書いた住職様のお説法を聞きます。その部屋には20数年の研究により一年中飼育できるようになった5000匹の鈴虫が美しい音色を奏でており、その中でお茶とお菓子を頂きながらお話ししていただけて、とても心が落ち着きます。 その後、各自お地蔵さまのお守りを購入したり、お庭を散策したりして最後に入口に戻りお地蔵さまにお守りを持ちながら住所と名前を言って「お地蔵さま、おうちに願いを叶えに来てください」とお祈りします。 参拝料はひとり500円で、大体皆さんお説法で説明をされたお地蔵さまのお守り(300円)を買って帰られます。

そして、また家に帰ってからも京都の方角に向かいもう一度同じお願いをするのです。 私も今は一日も早くお地蔵さまが来てくれるように願う毎日です。"

 

⇒ 知っておきたい戌の日の基礎知識はこちら