交通アクセス・詳細情報

戌の日の混雑目安 混まない

事前予約 なし
受付時間 9:00~16:00
持ち物 なし
初穂料 3千円(御守護・祈祷帯)~
公共交通機関
マイカー
駐車場 あり
住所 〒311-1135 茨城県水戸市六反田町767
電話 029-269-2211
地図
公式HP ⇒ こちらへ

体験談

私は一人目を妊娠している時に、水戸市の六地蔵寺で安産祈願をしました。 インターネットで「水戸市 安産祈願」と検索しても、なかなか出てきません。 穴場中の穴場だと思います。

一般的に安産祈願をする妊娠5ヶ月に入った頃、主人が転勤になり、 縁もゆかりもない水戸市に引越しをしました。 転勤したばかりの主人は仕事が忙しく、なかなか休みがとれなかったので 極力家から近い場所で祈願しようという話になりました。 2人で一生懸命探して見つけたのが、六地蔵寺です。 ちなみに、私たち夫婦は電信柱に貼ってある広告で知りました。

行ってから知ったのですが、六地蔵時は大同二年(807年)に開山した 昔から安産祈願ができる所として親しまれているお寺です。 境内に入ると、1000年を超える大杉と、800年を超える銀杏に目を奪われます。 荘厳な感じで、それだけでありがたい気持ちになりました。

祈願受付で、台帳に名前と住所、年齢を記入します。 御初穂料5000円をおさめると、ご祈祷済みの「御守護」と「祈祷帯」がいただけます。 御守護には「安産決定」の文字が!その文字を見た時、これで安産間違いなしだと思いました。 祈祷帯は、赤と白の2種類あります。

この帯の色で、お腹の子の性別が分かるとのこと。白は男の子、赤は女の子を意味します。 ちなみに、私は赤の帯をいただき、生まれたのは女の子でした。帯の色は大当たり! まだお腹の中の子の性別が分かっていない頃に行ったので、驚きです。 六地蔵寺の住職さんにはお腹の子が見えているんですかね。不思議だけど、すごいです。

私たちが祈願に行ったのは、10月の日曜日だったのですが 私たち夫婦以外にご祈願に訪れていたのは一組だけでした。 少し雨がぱらつくお天気だったせいかもしれません。 混んでいなかったので、ゆっくりと祈願ができました。 ご祈祷料をおさめた頃には雨もやみ、 立派な大杉と銀杏を眺めながら、主人と語り合ったことを覚えています。 生まれてくる子どものことや、これから家族で描く未来のこと。 静かに、穏やかに語り合うことができ、とても有意義な時間でした。 このお寺に3人(主人、私、お腹の子)で来ることができたことを、幸せだと思いました。

人気のある有名な場所もいいと思いますが、 穴場スポットで静かに穏やかな気持ちで祈願するのもいいと思います。

 

⇒ 知っておきたい戌の日の基礎知識はこちら