交通アクセス・詳細情報

戌の日の混雑状況 混んでいない
事前予約 なし
受付時間 9:30~16:30
持ち物 なし
初穂料 8千円~
公共交通機関
マイカー
駐車場 なし
住所 〒168-8570 東京都杉並区大宮2-3-1
電話 電話:03-3311-0105(電話受付時間:10:00~17:00)
地図
公式HP ⇒ こちらへ
備考

体験談

先日、東京都杉並区にある大宮八幡宮へ安産祈願に行って来ました。こちらは自宅から徒歩圏でたまに散歩で訪れており、子育て厄除けで有名とのことでしたので、妊娠してから安産祈願はこちらへ行こう、と決めていました。まず、安産祈願はいつ行けばいいのか、というところから調べました。妊娠5か月目の最初の戌の日(犬は多産で安産な為、それにあやかって)だということが分かりました。

先日、東京都杉並区にある大宮八幡宮へ安産祈願に行って来ました。こちらは自宅から徒歩圏でたまに散歩で訪れており、子育て厄除けで有名とのことでしたので、妊娠してから安産祈願はこちらへ行こう、と決めていました。まず、安産祈願はいつ行けばいいのか、というところから調べました。妊娠5か月目の最初の戌の日(犬は多産で安産な為、それにあやかって)だということが分かりました。

毎月、戌の日が神社の前に張り出されるのですが、あいにく私の妊娠5か月目の月は、全て戌の日が平日でした。夫と二人で行こうと思っており、これは仕事を休むべきなのか、それとも休日と戌の日がかぶっている時まで待つべきなのか迷いました。結局、大宮八幡宮へ問い合わせたところ戌の日以外でも安産祈願はやっているということがわかり、また予約も必要ないとのことでした。週末の都合がいい時に行くことにしました。

もう一点、わからなかったのは、安産祈願にかかるお金(初穂料)で、八幡宮のHPによると、「8,000円以上」となっていました。この、「以上」というのは、いくつかプランがあるということなのか、土日だと高いとかそういうことなのか不明でした。こちらも問い合わせのついでに尋ねたところ、「8,000円と、後はお気持ちです」との回答でした。電話の感触ですと、8,000円で問題なさそうでしたので、金額の問題は解決しました。

次に、このお金はどうやって渡すのだろう・・・?財布から直接?との疑問がわきました。インターネットで調べたところ、初穂料はのし袋(祝儀袋)に入れて渡すということが分かり、もったいないので100円ショップで調達しました。のし袋には苗字のみを記入しました。

当日、予約はいらないとのことでしたが、早めに行ったほうが空いているかと思い、午前中に向かいました。受付で初穂料を払い、住所、氏名等を記入しました。それから簡易的な待機場所に案内されました。そこには別に2家族がいて、そちらはお宮参りの様でした。結局安産祈願の私たちと、お宮参りの2家族が一緒に祈祷を受けました。その時に、安産守りや、腹帯、安産祈願絵馬等をいただきました。天気がよい週末でしたが、戌の日ではなかったので、安産祈願は他に居なかったのかもしれません。その後、清涼殿というところで、直会(なおらい)、椅子座ってお酒とお茶、茶菓子をいただき、終了となりました。全く経験のない行事でしたので、戸惑いもありましたが、よい思い出となりました。

 

⇒ 知っておきたい戌の日の基礎知識はこちら