妊娠14週目は、ママと赤ちゃんをしっかりと繋いでくれる胎盤が完成する一歩手前となりました。この頃には誰が見ても妊婦と分かるほどママのお腹は膨らみが目立つようになり、以前まであったウエストのくびれともしばしのお別れとなるようです。

今日は、そんな胎盤が完成する時期ならではママの体調の変化や心のケアについて、いろいろまとめてみました。

妊娠14週目の赤ちゃんの様子

妊娠4カ月3週目に入った赤ちゃんは、手足がどんどん長くなり、頭とのバランスも新生児と同じように整ってきます。

骨や器官も発達し、筋肉や皮下脂肪も次第に増えてくるため、赤ちゃんはどんどん活発な動きができるようになり、ママがハッキリと胎動を感じる日もかなり近づいてきました。

この時期の赤ちゃんの大きさは8~11cm、重さは25~60g程度となり、この大きさまで成長すると流産の心配はかなり軽減されることも分かっています。

14週目になると、胎盤はほぼ完成するため、赤ちゃんはへその緒を通じてママから栄養や酸素をもらったり、自身から出た二酸化炭素や老廃物をママへ送るようにもなります。

心臓はまだ小さいながらその機能はほぼ完成しており、赤ちゃん自身の力で全身に血液を送ることも可能となりました。

男女の見分けに関しては、性器は完成しているため超音波検査で正確な判定ができる時期に入りましたが、股間が隠れて見えなかったり角度が悪いとエコーに移らない場合もあるようです。

妊娠14週目のママの様子

妊娠14週目のママの子宮は、新生児の頭ほどの大きさとなり、周囲にもすぐに分かるほどお腹がぽっこりと出てくるようになりました。
つわりが長引いていた人も、この時期になると明らかに軽くなったと感じることができ、体調や食欲も回復してきます。
この頃はホルモンの状態も安定し、基礎体温も下がり熱っぽさや倦怠感も改善されるため、ママの身体は非常に調子が良くなってきます。
その一方で、何を食べても美味しく感じるなど食欲も旺盛になってくると、体重増加やむくみのトラブルが多くなるので注意が必要です。
胎盤は完成まであと一歩となり流産の心配は減少してきましたが、胎盤に血液が集中することによって貧血気味になりやすいため、造血に必要な栄養をしっかりと摂取することが大切です。
また、14週目辺りからおりものの量が増える場合がありますが、透明や白っぽいものや水っぽい状態のものであれば心配はいりませんので、通気性の良いマタニティーショーツやおりもの専用シートなどで常に清潔を保つようにしましょう。

ママのストレスがダイレクトに赤ちゃんに伝わる

胎盤の完成が近づいてきたこの頃から、赤ちゃんはママの気持ちを感じ取ることができるようになります。

これは、ママから分泌されたホルモンが、へその緒を通じて赤ちゃんに伝わることによって起きる現象であり、赤ちゃんの情緒の発達に深く関係していることが分かっています。

赤ちゃんの脳細胞を繋ぐ神経回路もどんどん出てくるこの時期は、脳の形成にとって大変重要な段階であり、一過性の怒りや不安などであれば問題はありませんが、ママが常にストレスを感じている状態は回避しなければなりません。

ストレスを抱えることで分泌されるカテコールアミンと呼ばれるホルモンは、赤ちゃんが継続して受け続けると情緒不安などの感情からお腹でリラックスできない状態になるので、ママは赤ちゃんのためにも健やかで穏やかな生活を送ることが大切です。

ちなみに、ストレスを減少させる働きがあるとして、オキシトシンと呼ばれるホルモンがありますが、こちらは別名「愛のホルモン」との呼び名もあり、ママがパパや家族、友人らと絆を深めることで愛情や感謝の気持ちが溢れると分泌されることが分かっています。

こうしたハッピーホルモンの分泌によって幸せな感情も高まり、それがダイレクトに伝わることで、赤ちゃんもお腹の中でリラックスすることができます。

まとめ

妊娠14週目はお腹が大きくなってきたことで、今まで普通にできたことができなくなったり、出産への不安から少しのことでナーバスになったりと、ママにとっても新たなストレスが生じる時期でもあります。

ですが、母子のコミュニケーションは既にお腹の中で始まっており、ママのストレスはダイレクトに赤ちゃんに伝わるため、情緒の発達に良くない影響を与えてしまうことを忘れないでください。

胎児はお腹の外の音が聞こえていることも最近の研究で分かった今、ママは常に穏やかな気持ちで赤ちゃんに優しく話しかけるように接することが大切です。

話しかける時はお腹をポンポンと叩きながら音や振動で安心感を与えたり、ママが好きな音楽や本の読み聞かせなどは、胎教だけでなくママがリラックスする意味でも大変おすすめです。

管理者

助産師マイです(プロフィールはこちら)。

読んでくださり、ありがとうございます。もし、当サイトが役立つと思ったら『フォロー』もして下さると嬉しいです!※限定投稿しています。


follow us in feedly