妊娠13週目は、長い妊娠期間の中でも大変過ごしやすい1週間であると言われています。つわりにもゴールが見え、食事を美味しく感じることができ、検診は膣からお腹のエコーへと切り替わり、「ようやくホッと一息」との声も多いこの時期。

とはいえ、マイナートラブルや切迫流産の危険がゼロになった訳ではないので、まだまだ油断は禁物です。

そこで今日は、妊娠13週目の赤ちゃんやママの様子に加え、この時期注意すべき点について、調べてみました。

妊娠13週目の赤ちゃんの様子

妊娠4カ月2週目に入った赤ちゃんは、足でお腹を蹴ったり押し出したりする足踏み反射や、手のひらを開いたり閉じたりする掌握反射をするようになります。親指と他の指の区別ができるようになるのもこの頃で、親指をしゃぶる仕草をエコーで見ることもできます。

この時期の赤ちゃんの大きさは7~8cm、重さは20~40gくらいまでに成長しており、既に完成されている内臓や器官は母体から出る時に備えてさらなる発達を急ピッチで行っています。

13週目を迎えると、今まで体内に収まっていただけの腸は大腸が小腸を取り囲んで定位置へと移動し、まだ機能していない骨髄の代わりに脾臓と肝臓で自分の血液を作り出すようになるなどの変化が見られます。

また、骨の硬化に伴い、首の骨が伸びて顎もしっかり形成されてくるため、顔の作りがしっかりと見て取れるようになります。

赤ちゃんは羊水の中を活発に動き回れたり、向きや姿勢を自由に変えられるようになるので、「エコー検診の時に赤ちゃんの顔が全く見えなかった…」と嘆くママが多いのもこの頃です。

妊娠13週目のママの様子

妊娠13週目のママの子宮は、小さいメロンくらいの大きさとなり、今まではあまり目立たなかったお腹もポコンと出てくるようになります。

今までは着ることができた、ゆったりめの服でもキツく感じる時期に入るため、腹圧を避けるためにもマタニティ専用の衣類や下着にチェンジすることおすすめします。

この時期の子宮は、骨盤の上あたりに移動しているため以前のような頻尿の症状は減少し、ホルモンバランスも安定してくるため基礎体温は下がってきます。

基礎体温が下がることで、だるさや倦怠感も自然と取れて身体はスッキリと軽くなりますが、15週目頃の胎盤完成に向けて栄養を乗せた血液が胎盤へと集中するため、鉄欠乏性貧血になりやすいのもこの時期だと言われています。

ママが貧血になると、目まいで倒れたり、赤ちゃんへ栄養が行き渡らなくなる恐れもあるので、日頃からレバーやホウレン草など鉄分を含む食材や、病院で鉄分を処方してもらったりサプリを上手に活用することもおすすめです。

また、この時期はつわりが終わった反動で食欲が増す上、むくみやすくうっ血しやすいことから、便秘や痔になる妊婦も多く、免疫力の低下も重なって治りにくく悪化しやすいと言った傾向が見られます。

日頃から、消化の良い食事や軽い有酸素運動やストレッチを取り入れるなどの防止策や、もしなってしまった場合は症状を放置せずに早めに対処することが大切です。

この時期起こる腹痛の種類

胎盤の完成まであと少しと言ったこの時期は、切迫流産の可能性がぐっと低くなってきました。

その上ママの体調やホルモンバランスも安定するため、つい「もう大丈夫!」と思いがちですが流産の可能性はゼロではないので、腹痛や出血があった場合にはすぐに医師の診断を受けるようにしましょう。

ちなみに、この時期に起こる腹痛の種類には、切迫流産による危険な痛みと、マイナートラブルによる圧迫感のある痛み、子宮が大きくなる過程でのチクチクした痛みがあります。

子宮が大きくなる時の痛みは赤ちゃんが成長するために必要な腹痛ですので何ら心配はいりませんが、腹痛の他に出血やおりものの変化、冷や汗や貧血がある場合は切迫流産の疑いも考えられるため、細心の注意が必要となっています。

また、流産の中には腹痛や痛みを伴わない稽留流産と呼ばれる流産もあるため、定期健診をきちんと受けることも大切です。

まとめ

妊娠13週目になると、エコー検査が膣からお腹へと変わり、赤ちゃんの様子がより詳しく見られるようになります。

今では、赤ちゃんが立体的に見える3Dエコーや、動いてる姿の赤ちゃんをリアルタイムで見られる4Dエコーがありますが、費用が検診代に含まれている3Dエコーに対し、4Dエコーの方は別料金の病院が多いようです。

また、この時期に入ったらどこの病院で分娩をするか、本格的に決める必要も出てきます。

医師不足から「里帰り出産NG」の病院も稀にありますので、母子手帳をもらったら早めに帰省して検診を受けるようにしてください。その際、今まで通っていた病院の紹介状が必要になりますので、かかりつけの病院には早めに申告しておきましょう。

管理者

助産師マイです(プロフィールはこちら)。

読んでくださり、ありがとうございます。もし、当サイトが役立つと思ったら『フォロー』もして下さると嬉しいです!※限定投稿しています。


follow us in feedly