兄弟や姉妹に新しく家族が増える。長い妊娠期間を無事乗り越えて産まれてきてくれたおい・めいに会えるのは、とても嬉しいお祝い事ですね。

出産祝いは、赤ちゃんが生まれてきてくれた事をお祝いするのはもちろんですが、それだけでなく、頑張ったお母さんへのお祝い、新しい命を向かえた夫婦や上のお子さんへのお祝いの意味もあります。

そんな出産祝いをどうしようか、金額や贈るプレゼントに迷う方も多いですよね。

祝い金の相場を見ても、5000円~3万円程度と大きく幅があり、「どうすればいいの……?」と困ってしまいます。出産祝いのマナーと、喜ばれる贈り方はあるのでしょうか?

出産祝いの金額

出産祝いの相場に幅があるのは、ひとくちに「兄弟」といっても立場によってふさわしい額が変わってくる為です。

例えば、既婚者で30~40代の兄姉が20代の弟妹に渡すのにふさわしい金額と、10代で学生の弟妹が兄姉に渡す金額は、同じにはなりません。

既婚の兄や姉の立場で弟妹にお祝いを渡す場合には、2~3万円が相場になります。

家計的にあまり多く出せないという場合には、1万円のお祝い金に5000円程度のプレゼントを添えると良いでしょう。

あなたが弟や妹の立場で、未婚、まだ社会人になって間もない10代後半から20代前半の場合には、5000円から1万円の出産祝いで十分です。

弟妹で学生であり元に一緒に住んでいる(進学の為別居でも生計を親に頼っている)年代の場合には、冠婚葬祭はまだ「親」が主役となりますので、個人的にお金を出す必要は本来ありません。

とはいえ、お祝いの気持ちを表すために、小額でいいので何かプレゼントを渡すと喜ばれます。

その場合には「内祝いはいらない」と伝えましょう。

プレゼントは何が喜ばれるの?

出産祝いのプレゼントは赤ちゃんの為の品物を選ぶ場合が多いのですが、まず思いつく洋服はお母さんの趣味に合わないと喜ばれない場合もありますので注意が必要です。

洋服をプレゼントに選ぶ場合には、百貨店に入っているようなブランドで他のアイテムと合わせやすいシンプルなデザインの物にするか、もしくはとびきりポップに、ヒヨコやクマといった動物、もしくはキャラクターものの着ぐるみが喜ばれます。
予算により、耳つき帽子など低予算でもかわいらしいアイテムがありますよ。

着ぐるみや変身できる小物は、赤ちゃんが着ていたらかわいいなと思うけれど自分で買うにはちょっと手が出にくい品物という所がポイントです。

その他、赤ちゃんがいるとたくさん使うガーゼハンカチやガーゼタオルはかわいらしいデザインの物が多く選ぶ人の個性が出せますし、もし赤ちゃんのご両親が既に用意していても洗い換えが必要なものなのでオススメです。

おくるみも出産祝いに人気の品ですが、1~2枚あれば十分な為、既に用意していないか確認すると良いでしょう。

おむつをデコレーションしてケーキの形にしたおむつケーキは一時期人気でしたが、衛生面の問題や、おむつのメーカーにより使用感が違い赤ちゃんの肌に合わない場合もあるため、最近ではお母さんに相談してから贈れる親密度の高い方向けとなっています。

また、赤ちゃん向けのプレゼントに加え、お母さん向け、上の兄弟向けのプレゼントも用意すると気遣いに喜ばれること間違いなし!

お母さん向けには、ノンカフェインのお茶やマッサージクリームなど、忙しい育児期間中の少しの時間をリラックスさせてくれるアイテムがオススメ。

上の兄弟には、赤ちゃんと兄弟のお話の絵本や、一人でも遊べるようなちょっとしたオモチャが良いでしょう。

赤ちゃんが主役になる出産祝いですが、出産を頑張ったお母さんも、お母さんや家族の興味が赤ちゃんに向けられて少し寂しさを感じている上の兄弟も、労わってあげてください。

出産祝いを贈る時期は?

一般的には、生後2~3週間から1カ月の間に贈ります。

ただし、出産でトラブルがある場合や、産後のお母さんの体調の戻りがよくない場合等は先方の予定に合わせて贈りましょう。

赤ちゃんの顔を見たいでしょうが、早い時期に贈る場合には安産であってもお母さんは疲れていますので来客に対応したくないという場合も多く、持参して自宅へ伺うよりも配送のほうが喜ばれる事もあります。

自宅に伺う場合には、赤ちゃんの1カ月検診が終わる時期でかつ先方の都合の良い日を確認してください。事前に予定していても、当日も電話やメールで先方の体調を聞いてから出かけましょう。

赤ちゃんとお母さんの体調により急にキャンセルになる場合もあります。

またあなたが風邪気味になってしまったなど体調が悪い場合には約束だからと無理はしないでください。生後すぐの赤ちゃんは病原菌に対してとても弱いので、体調不良で面会するのは絶対に避けましょう。

訪問時には、赤ちゃんのお母さんが、何かあれば気兼ねなく言い合える姉妹でしたらいつも通りの振る舞いで良いのですが、兄弟のお嫁さんの場合には、普段よりも少し遠慮して短めの滞在で済ませましょう。

出産直後の女性はホルモンバランスが大きく崩れる事もあり、か弱い赤ちゃんを守る為に気が高ぶっている事が多くなります。

普段でしたらなんの違和感もないような事でも何故か不愉快に感じてしまった。という方が多いので、お祝い事ではありますがはしゃぎすぎず控えめに。

お互いに素敵な気持ちでお祝いできる様、マナーと節度を守った誕生祝いを心がけてください。