カタログギフトを贈られると嬉しい反面、掲載されているたくさんの商品にどれにしたらいいのか迷ってしまったことはありませんか?選んだものが届いたら想像したものと違っていたり、他店で激安で販売されているのを知り後悔した人もいるかもしれませんね。

今回は、私自身も悩んだカタログギフト商品の賢い選び方をまとめてみました。

3000円から5000円のカタログは特に迷う

数万円の高級なカタログギフトは掲載されているものもプレミアムなものばかり。これなら迷うこともあまりありませんが、カタログギフトで一番多い価格帯は3000円から5000円位のもの。結婚式に参列する機会が続き同じようなカタログを何度ももらっていると、なかなか商品を選べなくなってしまうものです。

カタログギフトにはもともとシステム料が含まれており、掲載されている商品の価格はそれを引いた金額分になります。システム料とは、ハガキ代や商品の郵送費、手数料のこと。食品の場合はクール便に設定されていることも多く、その費用もシステム料となります。つまり3000円のカタログであれば、商品は2500円から2000円くらいの価格と考えます。それを踏まえて欲しい商品を選んでいきましょう。

商品の価格について考えよう

カタログギフトを制作運営している会社は、自分たちが損するようにカタログギフトを作りません。掲載している商品は会社にとって大きな利益になるものや、赤字覚悟の目玉商品をバランスよく掲載することで一つのカタログギフトが作られています。

つまり賢く商品を選ぶには、この中でお得なものを探すことです。

商品の価格はある程度調べることができます。今はあらゆる商品がネット通販で購入可能ですから、気になる商品があったら検索してみるのも手。通販サイトよりも安ければお得な商品となります。

カタログギフトはうまく作られているもので、このお得な商品というのは必ずしも目立つように掲載されているとは限りません。

一部のお得な商品はカタログの最初の方に分かりやすく掲載されていますが、運営会社が買ってほしいもの、つまり「決してお得じゃないけどお勧め商品」も同じように目立つ位置に掲載されています。本当にお得なものを探したいなら、カタログギフトの商品記載の大きさに関係なく、しっかりと見るのが失敗しないコツです。

どんな商品が損をするのか

カタログギフトで損をする商品はどんなものだと思いますか。一つは家電製品。多くのカタログギフトに家電のコーナーがあり、中には「新製品」とうたっているものもあります。しかし家電は価格の変動が激しく競争の世界です。新商品も、さらに新しい製品が出ればすぐに値下がりしますし、その値段をキープしているとは限りません。同じような商品がカタログの半額以下で購入できることもあるので注意したい商品です。

またお得に見えても「量」や「大きさ」で損をする場合があります。カタログギフトではその商品をより良く見せるためにプロのカメラマンが撮影をします。例えば食品の場合、商品写真よりも、器に盛った商品を載せたほうが美味しそうに見えます。でも届いた商品を見たらたった100gしかなかった、そんなケースもあるため分量には注意しましょう。大きさも同様です。

カタログには必ず商品の大きさが記載されています。バックなどの大きさは必ず確認し、自分が想定している大きさがどうかチェックしましょう。そうすれば「小さすぎて使えない」ということも無くなります。

損をするものの一つに装飾品も上げられます。例えばネックレスや指輪。カタログギフトでは定番の商品で、カタログで見る限りとても高価なものに見えます。しかし実際は値段相応のものが多く、安っぽさから結局身につけられないことも。「得か損か」という視点で考えると避けるのが無難かもしれません。

長く使えるもの、今必要なもの、本当に欲しいもの

賢い人はカタログギフトでは「長く使えるもの」「今必要なもの」「本当に欲しいもの」しか選びません。長く使えるものは食器やタオルなどで、使ってすぐに捨てるものではありません。気に入ったものを選べば気持ちよく長く使えるでしょう。それから今必要なものは、あなたが本当に必要としているものですから選んで後悔することはありません。お金を払ってでも買う予定だったものならなおさら嬉しいでしょう。

最後に本当に欲しいものですが、これは前述したコツなどをすべて無視してでもそれが欲しいのなら絶対に選ぶべきです。そのような商品がカタログに載っていたことを、贈った人に感謝するといいですね。ぜひ「欲しかった〇〇をもらって凄く嬉しかった」ということを伝えてあげましょう。

ちなみに私が過去にカタログギフトでもらって一番嬉しかったものは、キッチン家電のハンドブレンダーでもう10年ほど愛用しています。家電は価格が変動するもので、ブレンダーはあるけどほとんど使わないという人が多いものですが、私はその時一番欲しいものでした。今では手放せないキッチンアイテムの一つです。これだけ使える商品を選んで本当にお得だったと思っています。

最後に

以上が、企画をされている方に聞いたカタログギフトでの賢い選び方のコツです。

「欲しいものが無い」と思っても、実はお得で素敵な商品が隠れているかもしれません。楽しみながらお得な商品を見つけられるといいですね。