今年は年賀状を何通書きますか?

紙の年賀状ではなくメールで済ませるという人も、年賀状を出したいあの人の住所を知らないからという人も、郵便局の年賀状なら、素敵なデザインの年賀状を手間なく送ることができます。

印刷も配達も丸投げでお任せで、らくらく年賀状

年賀状を出したいけれど手書きする時間がない。字が下手だから困る。という方に嬉しいのが、文面も住所も印刷でお任せの印刷サービスです。

郵便局の総合印刷サービスなら、目上の方にも送れる和柄や格式高い絵柄の年賀状も、お友達や親戚向きの写真入りや人気キャラクターの可愛い年賀状もデザインが色々で、きっとあなたにぴったりな年賀状がみつかりますよ!

郵便局のホームページでは、手作り風はんこスタンプや干支似顔絵も無料で作成でき、年賀状に使う事もできます。あて先住所を印刷し、投函まで代行してくれますので、パソコンやスマートフォンから簡単に年賀状の手配が済み、忙しい年末でも安心です。せっかくなので手書きでメッセージを書き添えたいという方には、自宅や職場へ配送もしてもらえます。

また、パソコンやプリンターを持っていないから印刷はして欲しいけれど値段はなるべく安く抑えたい、メッセージも手書きで入れたいという方は、コンビニのコピー機で簡単に印刷できるサービスも!

スマートフォン用のデザインアプリでデザインした年賀状を空いた時間にコンビニで印刷すれば、自分オリジナルの年賀状を手軽に作れます。
他の年賀状印刷業者では選べないあのキャラクターもいるのは、郵便局だけのお楽しみです!

住所を知らない相手にも送れる、プライバシー重視の年賀状

郵便局では、SNSやスマホなどネットでつながっているお友達に年賀状を送る事ができます。

「あけおめ!」なんてメッセージやスタンプだけの挨拶ではなんとなく味気ないなと感じてはいませんか?

お正月にもらった年賀状を1枚ずつ確認する時間は、心がほっこりする楽しい時間ですよね。たとえお相手の本名が分からなくても、住所が分からなくても、事務局が間にはいってやり取りをしてくれます。あなたの住所も相手に知らせる必要はありませんので、お互いのプライバシーは守りつつも紙の年賀状をやり取りする事ができます。

お正月にはハガキの年賀状を送るという伝統は大切にしながらも、インターネットが普及した現代の生活事情にあったサービスと言えますね。

年賀状ハガキを買いにいく時間がない人は

年賀状は郵便局に買いに行ったり、年末になると百貨店や商店街に出張販売所が出ているのでそこで買うけれど、わざわざ行くのがちょっと面倒、つい買うのを忘れてしまって書くのが遅くなってしまうという方。

郵便局の年賀状を、ネットで購入できると知っていますか?

ハガキ5枚から郵便局の職員が送料無料で届けてくれ、代金は受取時に現金で支払いになりますので、事前の決済は不要です。自宅以外に職場にも届けてもらえるので、忙しい人でも受け取れますね。

ここ数年、郵便局の年賀状が発売される度に話題になる、切手と消印部分、またお年玉番号部分の絵柄のしゃれを探すのもお楽しみです。

ディズニーキャラクター年賀には隠れミッキーが。2017年の年賀状ではジドリをするニワトリやチドリアシのトリなど、じっくり見るとニヤリとできる絵柄が隠れていますので、年賀はがきをよく観察してみて下さい。

18円プラスして、海外への年賀状を送ろう

実は、海外へも年賀状を送れるって知っていましたか?

留学や海外赴任中のお友達や家族へ、移住したあの人へ。年賀はがきに18円プラスすると、世界中に年賀状が届きます。差額の18円は、海外グリーティング(差額用)の専用切手があり、日本の食べ物を題材にした絵柄で人気となっています。

2017年用の差額切手は、ざるそばと親子丼の絵柄。お腹がぐーとなってしまうような魅力的な切手で、海外へも年賀状を出しましょう!

ただし、海外では年賀特別郵便の仕組みがないため元日配達にはならない可能性があります。

年賀状はいつまでに出せばいい?遅れてしまったら?

年賀状を確実に元旦に相手へ届けたい人は、余裕をもって12月25日までには投函しましょう。

クリスマスに年賀状を出すなんて、ずいぶん早いと思うかもしれませんが、郵便配達物の数量が段違いに増えるクリスマス、年賀の時期は郵便局もてんてこ舞いとなりますので、普段のような翌日、翌々日配達の対応が難しい場合が多いのです。

12月26日以降に投函したものもなるべく元旦に届くよう郵便局でも努力してくれるようですが、2日以降の配達になる場合があります。少しでも早いほうが元旦に届く可能性は高くなりますので、25日が過ぎてしまってもなるべく早く投函しましょう。

また、年明けに「年賀状を出していない人からもらってしまった!」という場合には、7日までに届くように年賀状を出しましょう。

8日以降は、年賀状ハガキであっても郵便局の消印が押されてしまいます。消印のある年賀状は大変失礼となりますので気をつけてください。

8日以降になってしまう場合には、年賀状ではなく寒中お見舞いとしてあいさつ状を出すのがスマートです。寒中お見舞いは2月3日までに到着するよう送りましょう。

最後に

最近見直されてきている紙の年賀状。今年はメッセージで済ませるのはやめて、親しい人に年賀状を送ってみませんか?