鏡は使っているうちに汚れがひどくなってきます。特に浴室や洗面所に設置されている鏡は、他の部屋にある鏡に比べて汚れが残りやすいです。その汚れもちょっと洗剤で洗った程度ではきれいに見えても、乾いてくるとうろこ状の水垢で曇っています。

水垢はどうしてできるのか?

水垢のできる原因には、大きく2つあります。まず、ひとつ目として、水道水に含まれる成分です。水道水にはカルシウムやマグネシムといったものが含まれています。これらが結晶化して残ってしまうのです。鏡についた水やお湯は、時間が経てば蒸発してしまいますが、これらの成分は蒸発しませんから鏡の表面に残ってしまうのです。

もうひとつが、シャンプーやせっけんなどのカス、また、お風呂を洗うための洗剤が付いて残ってしまうといったものです。こちらも、水道水と同じように、水分は蒸発してしまうのですが、その成分は残ってしまうのです。

これらは、どちらもそのままにしておくとどんどん溜まっていき落としにくくなってしまうのです。マメに掃除をしていればそれほど落としにくい汚れではないのですが、長期間放っておくと、非常にやっかいな汚れとなってしまうのです。

洗剤でも水垢は落とせるのか?

洗剤でも水垢を落とすことは可能です。ですが、どの洗剤でもよいというわけではありません。水垢の原因となっているのは、主に金属イオンです。これはアルカリ性なので、効果があるのは、酸性の洗剤になります。ただし、洗剤を付けてゴシゴシと磨くだけではあまり効果はありません。洗剤を鏡面に塗ってしばらく放置するのが良いです。垂れてくるようであれば、キッチンペーパー等を利用して鏡面に貼り付けましょう。洗剤だけで鏡にピタリと貼り付きます。そのまま2~3時間置いておきましょう。

その後は、スポンジなどでしっかりと磨きます。そうすれば、結構きれいに水垢を落とすことができます。ただし、あまりにひどい水垢の場合、それほどきれいにはならないかもしれませんが、やらないよりはきれいになります。ただし、注意しなければならないのが、酸性の洗剤とアルカリ性の洗剤は同時に使用しないこと。これらの洗剤が混じってしまうと、有毒ガスが発生することがあるので大変危険です。

研磨剤も効果的に使える?

頑固な汚れ、鏡面にこびりついた水垢は洗剤では簡単に洗い流すことはできません。そうであれば、水垢を削ってしまえ。ということになります。そこで研磨剤ということになります。実際にプロの業者がこういった汚れを落とす場合、サンダーを使用します。サンダーといって雷ではなく、研磨機のことです。

これに、ダイヤモンドのシートを付けて振動で磨きます。この方法であれば、簡単に鏡はピカピカになります。ですが、家庭でこういった道具を持たれているかたはそれほど多いわけではありません。一般的な家庭であれば、ないのが普通ということになります。そこで、代用するのが市販の研磨剤です。コンパウンドであれば、カー用品店でも簡単に手に入ります。粒子の細かいものを使用して鏡面を磨き上げればピカピカになります。

ですが、家庭内にこのコンパウンドの代わりになるものがあるのです。それが、研磨剤入りの歯磨き粉です。最近は、研磨剤の入っていない歯磨き粉も増えてきましたが、多くは研磨剤が入っていて、それで磨くことで白い歯になるのです。これは鏡でも同様のことが言えます。大抵の水垢は、歯磨き粉をつけてスポンジなどで磨いてあげれば、きれいに落とすことができます。あとは、歯磨き粉やコンパウンドをきれいにふき取ってあげれば完了です。

アルミホイルは効果があるのか?

よくアルミホイルで磨くと水垢が落ちるということを聞いたことがないでしょうか。こういったうわさが広まっていますよね。アルミホイルでこすっていると化学反応が起きて水垢が落ちるというものです。実際にこすってみればわかりますが、こすっていると徐々に黒いものが出てきます。これが、水垢、ではありません。削れたアルミなのです。ですが、曇りは軽減されたように感じます。

アルミホイルでこすることによって、水垢部分も削っているということにもなるのですが、実際に化学反応も起きているようです。ですが、それほど効果的ではないようです。軽い汚れであれば、それなりにきれいに落とせるようですが、他にも方法はいろいろあります。アルミホイル自体はどこの家庭にもあると思いますので、試してみるのもありではないかと思います。ただし、鏡にキズが入らないように軽くこする程度にしておきましょう。

鏡を曇らせないためには日ごろのケアが大切

鏡をせっかく掃除をしてきれいにしても、数日経てばまた、曇ってきます。これは、常に水を使うところですからどうしようもないかもしれません。部屋の鏡では曇ることはあっても、ここまで水垢で汚れてしまうということはあまりありません。窓ガラスもそうですが、ほとんどは油膜による曇りですから、油膜を落とす洗剤を使えば簡単にきれいになります。

ですから、風呂場と部屋の鏡のその違いとしては、やはり水分ということになります。ということは、鏡についている水分をきちんと拭き取ってあげれば、水垢はそれほどひどくなることはないということになります。換気をよくして、鏡についている水分をきちんと拭き取っていてあげれば、それほど水垢がひどくなることはありませんし、掃除もしやすいです。ただし、水分を拭き取る際には吸水性の高いもので、繊維の残りにくいものがよいでしょう。