年末が近づくと、今年はどんな年賀状を作ろうと張り切る方も多いかもしれませんね。子どものいる家庭だと、毎年、子どもの成長記録を撮影した写真を、年賀状にしていることも少なくありません。

しかし、この子どもの写真入り年賀状、実はあまり好評でないことが多いようです。

年賀状を送る側からすると、自分の子どもだから相手も興味があるに違いないと思うようですが、しばらく会っていない友人などだと、どこの誰かも分からない子どもの写真が写っているため、興味がもてないようですね。

特に子どもが生まれたばかりのときは、家族写真になってしまったり、赤ちゃんの写真になってしまうのは分からないこともないですが、それが毎年のように続いてくると、さすがにうんざりしてしまうようです。

まだ子どもが小さなうちは、かわいくもみえるものですが、小学生に入学してからも、子どもの写真入りの年賀状を見せられるのは、勘弁してほしいと思うようです。

年賀状に子どもの写真を載せるなら、相手を選ぶこと

年賀状に子どもの写真を載せることが決して悪いことではありません。ただ、相手を選んで送らないと、せっかくかわいらしく作った年賀状を喜んでもらえることができません。

子どもの写真入りの年賀状を送る場合、相手が子どもとも交流があり、子どもの成長をしっている、または親族、子どものことでお世話になったり、お付き合いをしている人に限定したほうが良いでしょう。

交流のある方だと、子どもの成長過程もしっているため、子どもの写真入りの年賀状を見て、それほど嫌な気持ちになることもありません。むしろ、喜んでくれることも多いので、子どもの写真入り年賀状を送っても問題ないでしょう。

2種類の年賀状を作るのは面倒だと感じるかもしれませんが、夫の年賀状は、子どもが大きくなってからは、あまり家族写真は好ましくありません。

味気ないかもしれませんが、ビジネスライクに仕上げるのが、ビジネスマナーの一つです。面倒でも、夫の年賀状用と子どもと交流がある人の年賀状用で分けて作るようにしてみましょう。

ただ、会社関係でも、家族ぐるみで交流があるのであれば、子どもの写真の年賀状でも問題はありません。しかし、相手がどのように感じるかは分かりませんので、会社用の年賀状を送ったほうが無難かもしれません。

年賀状に子どもの写真を載せると、なぜ相手は困る?

子どもの写真入りの年賀状をもらって困るのは、一体どうしてでしょうか。子どもが嫌いという理由もありますが、それ以上に困るのが年賀状の処分のようです。

もらった年賀状は全部保存しているという方もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの場合、処分することが多いようです。

そんな中、写真つきの年賀状をもらうと、なかなか処分するのに困ってしまいます。写真を捨てるような気持ちになってしまうため、捨てるに捨てられないという方もいるようですね。

最近では個人情報の漏えいなどの問題もあるため、不要な年賀状はシュレッダーにかける方も多いですが、さすがに写真を裁断するのは、後味が悪くなってしまいます。

子どもの成長を見て喜んでもらおうと写真を入れると、逆に相手を困らせてしまうこともあるようです。

また、子どもがほしいと思っていても、なかなか恵まれない夫婦もいらっしゃいます。そんなときに、幸せそうな子どもの写真を見せられると、さすがにきつく感じてしまうものです。

不妊治療をしていたとしても、わざわざ周囲に公言する人はいません。夫婦二人だけのお宅には、子どもの写真入りの年賀状を送るのは、控えておいたほうが良いでしょう。

どうしても年賀状に子どもの写真を載せるのなら

それでも子どもの写真入りの年賀状を送りたいと思うのなら、写真にひと工夫してみるのも、一つの方法です。

一般的に送られてくる子どもの写真入りの年賀状というのは、旅行中の一枚だったり、家の中でくつろいでいる写真だったり、いつもの家族写真の一枚という印象が強いものです。他人からすると、人の家の普段の写真には、それほど興味が持てないため、もらっても困ってしまいます。

長らくあっていない友人などに送る場合、実際のところ、子どもの写真よりも友人の顔を見たいと思うものです。子どもだけで写真を撮影するより、家族全員で撮影したものを、年賀状に使うと、相手からも喜ばれるかもしれません。

また、最近ではスマホで撮影する方も多いですが、撮影した画像を編集できる便利なツールが、今ではたくさん登場しています。

少し加工を加えるだけで、普段の写真がアート写真のように変化しますので、そういった画像編集アプリを利用して、まるでアート写真のような年賀状を作ってみるのも良いでしょう。

撮影方法を少し変えてみるだけでも、アート写真のような出来栄えになります。わざとピントをずらしてみたり、逆光の効果を利用してみたりと、少し撮り方を変えてみるだけで、いつもの写真がオシャレな写真に仕上げることもできます。

ただ子どもの写真を撮影するだけでなく、ほんのひと工夫してあげることで、相手にその気持ちが伝わるのかもしれませんね。また、ひと言手書きで新年のあいさつを添えるだけでも、相手はうれしくなってくるものです。