寝てばかりいた赤ちゃんが寝がえりをうつようになり、ハイハイを始めるとあっという間に行動範囲が広くなります。家の中は魅力的なものでいっぱい、いえいえ危険がいっぱいで、まさに目が離せない状態。ママやパパの心配事もぐーんと増えますよね。

とくに火を使うキッチン、お湯をはる浴室や階段などは赤ちゃんにとって大変危険です。ふっと目を離したすきに、思いもよらないところにいたりして、「ぎょっ」としたことってありませんか?

そんな赤ちゃんや小さな子供いるお家に絶対に必要なのがベビーゲート。

ベビーゲートは門や柵といったゲートを使って、赤ちゃんや子どもにとって危険なところを文字通り封鎖するための道具です。

例えば、キッチンや階段などの入り口に設置して赤ちゃんが入ってくるのを阻止し、赤ちゃんを守るのです。

これは育児におけるマストアイテムといえるでしょう。
さまざまな種類があるので、選び方のポイントを紹介します。

ベビーゲートとベビーフェンスの違い

ベビーゲートとベビーフェンスは赤ちゃんを危険なところから遠ざけるという目的はいっしょですが、細かい点ではいろいろ違いがあります。

ベビーフェンスは価格が安いこと、幅があるので広い場所をふさぐという点では優れています。ただ、高さがだいたい65㎝はありますので、毎回毎回フェンスをまたがなければなりません。これは結構大変なことです。

子育て中のママというものはたいてい何かを抱えてバタバタしているもの。洗濯物や買い物の荷物を持っていたら足元がみえまし、赤ちゃんを抱えているときに足をひっかけて転んだら元も子もありません。

キッチンとダイニングの間に設置したら、毎食ごはんを運ぶたびに絶対何かしらこぼして、ママのイライラが増えてしまいそうですね。この点をクリアできるなら安価なベビーフェンスがいいですが、それ以外なら多少お金をはらってでも扉式のベビーゲートがいいでしょう。

ベビーゲートはキッチンや廊下の入り口など、両サイドに壁や柱がある場所に固定して設置することができます。

自分が料理をしている時にゲートの向こうで子どもが泣いていたらと想像するとちょっと切ないですが、なんといっても安全第一なので、ここは割り切りましょう。

よく見かけるのが、カウンターキッチン入り口にベビーゲートを取り付けているパターンです。
ちなみに設置方法は特に難しいものでなく、ママでももちろん可能です。

強度をチェック!

ベビーゲートは設置する時に両サイドの壁に突っ張り棒と同じ要領で取り付けます。
もし、階段上に取り付けるためには仕様に条件がありますので確認が必要です。

さて、突っ張りの強度が子供のパワーに耐えうるものかどうかのチェックが必要です。
子どもがママと自分とを遮断されて怒り狂い、「ママァ~」と叫びながらものすごい力でゲートをがんがんやることだってあるのです。
事実、ゲートごと子供が倒れ込んでしまったなんてケースもあります。

また、壁や柱が突っ張りの力に耐えら得るか、キズが付かないかも要チェックです。
とくに賃貸住宅の場合は、ケアが必要です。
突っ張りの部分と壁との間に何かを挟むのも一つの手でしょう。

機能をチェック!

ベビーゲートの要ともいえるロック部分。
子どもが簡単に開けてしまうようなものは論外です。
ある程度の力で上にレバーを持ち上げるなど、子どもでは開けられない仕様が施されているかチェックしましょう。

オートクローズ機能&開けっ放し機能

開けた後、手を放せば自動的に閉まってくれるのがオートクローズ機能。

また、90℃以上開けると、開けたままでロックできるのが開けっ放し機能です。

赤ちゃんや荷物で両手がいっぱいの時にはいずれの機能も何かと便利なので、ここは外せないポイントです。

ダブルロック

ボタンやレバーをスライドしてさらに持ち上げるとオープンするなど、大人には比較的簡単でも子供には難しい操作があると安心ですし、子どものいたずらを防止します。
ベビーゲートのロック方法は商品によって異なりますので、実際に操作してみて確認することをおすすめします。

つまずき防止スロープ

たいていのベビーゲートには、下にバーが通っていて、実はこれがつまずきの元なのです。
気をつけているつもりでも子どもがいると、ついついやってしまいがち。
脚の小指をひっかけてしまったりするのもイタイですね。
附属品としてつまずき防止スロープがついていると大人にとっても安心です。

材質やデザインをチェック!

ベビーゲートは、意外と大きく目を引くのでインテリアとの相性も大切です。
他のインテリアと違和感があっても、あきらめて子どもが喜ぶキャラクターものを選ぶか、これは家具の1つとしてとらえ例えば木目調のインテリア性の高いものを選ぶかは親の考え方次第ですね。

ただ、素材については、子どもがなめたりしても大丈夫か、あるいは掃除がしやすいかどうかのチェックもお忘れなく。
また、全面を覆うタイプだと向こう側が子どもが見えませんし、圧迫感もあるので、柵のタイプの方がおすすめです。

最後にサイズをチェック!

我が家に欲しいベビーゲートがしぼられてきましたか?

ベビーゲートは商品によって設置できる横幅が違います。
拡張パネルが付いていることもありますが、別売のこともあります。
購入する前に取り付ける場所の幅と適合サイズは必ず確認しましょう。

「やっと待望のベビーゲートが来たぁ」と喜んだのもつかの間。
「あれ、幅が足りな~い」なんてことになったらまさに悲劇です。

最後に

ベビーゲートを設置するとなると、いままで何もなかったところに文字通り「門」ができてしまい、いちいち扉をあけないと通れないと不便なことを先行して考えてしまうかもしれません。

しかし、想像してみてください。

赤ちゃんがいつ足元に突進してくるかわからない状況でイライラしながらから揚げをあげるのと、入ってこないとわかっている状態であげるのとでは全然違いますよね。ベビーゲートがあれば、きっとママのイライラが激減するでしょう。