基礎体温を測っていて、低温期のはずなのに体温が高い、グラフがガタガタで体温が下がらない…そんな悩みを持つ人もいるかもしれません。そもそも低温期はどういう状態がベストなのか、対処法などをご紹介したいと思います。

低温期と高温期、体の仕組み

基礎体温を測っていると、健康な女性の場合、低温期と高温期の二相のグラフになります。

排卵日のタイミング

低温期の時には卵胞ホルモン(エストロゲン)が優位に働きます。生理開始とともに体温は下がり、また次の排卵に向けて体の準備が始まります。この低温期の中でも、特に卵胞ホルモンの分泌が多いのが生理が終わってから排卵までの「卵胞期」。肌つやも良くなり、心も安定、女性らしさがより際立つ、私たちにとってはとても過ごしやすい期間になります。

排卵を迎えると高温期に移行します。ここで優位になるのが黄体ホルモン(プロゲステロン)です。体の中では妊娠への備えに切り替わり、子宮内膜が厚く着床しやすい状態になります。

このホルモンが特に分泌される「黄体期」では、人によって頭痛や腹痛、腰痛が起きやすくなり、吹き出物が出やすくなったりイライラすることも。高温期が終わり、黄体ホルモンの分泌が減ると、子宮内膜がはがれ生理が開始。この生理周期が大体28日サイクルで繰り返されていきます。

低温期が高いということは…風邪?

低温期の体温の平均は、36.2度~36.4度

この平均体温でなくても、高温期との差が0.3度以上あり、基礎体温のグラフがきちんと二相に分かれていれば、ほとんど問題はありません。

ただ高温期との差があまりなく、低温期か高温期かが分かりづらかったり、日々基礎体温が下がったり上がったりしているのであれば、あまりよい状態ではありません。

低温期になったのに体温が高い原因はいくつか考えられます。

まず一つ目は風邪。高温期後半から生理になるころというのは、ホルモンバランスが崩れやすく、免疫力が下がることで体調を崩しやすい時期です。生理が始まったのに基礎体温が高いようであれば、最初に考えられるのは風邪でしょう。

他に、頭痛や鼻水、咳やのどの痛みなど風邪の諸症状はありませんか?季節の変わり目、温度の急な変化などは風邪を引きやすくなります。

発熱の影響で、いわゆる高温期の基礎体温よりもグッと上がってしまうことも。その場合はゆっくり体を休め、風邪を治すことを第一に考えましょう。

貧血気味の人は要注意!

風邪ではないのに体温が上がってしまう人で多いのが、貧血による原因です。生理になれば子宮に血液が集まり、特に血が足りない状態になります。

体が貧血状態になると限られた血液を全身に送ろうとし、体には大きな負担がかかります。貧血が悪化すると微熱状態が続き、吐き気やめまいの症状が出てくることもあるのです。

貧血の状態は、子宮にも良くありません。低温期に必要な血液が子宮へ運ばれないと、卵胞や卵子の成長が遅くなります。子宮頸管粘液の分泌も減り、排卵が起こりにくい要因となってしまうのです。血液中にはたくさんの栄養と酸素が含まれています。もともと貧血気味の人や貯蔵鉄が不足気味になる体質の人は、特に注意が必要です。

貧血の時には、鉄分が多く含まれる食材を意識して食べるようにしましょう。レバーをはじめ、カツオやイワシ、マグロなどにも鉄分は豊富に含まれています。バランスの良い食事を取るようにすると、鉄分はより体に吸収しやすくなりますよ!

生活リズムが崩れていませんか?

あなたがもし今ストレスを抱えているのなら、それが原因で基礎体温に影響を及ぼすことがあります。低温期は卵胞ホルモン、高温期は黄体ホルモンが分泌されているのですが、このホルモンバランスは些細なことで崩れてしまうのです。

例えば人間関係で悩みがある、仕事や恋愛がうまくいっていない、気持ちが沈む出来事があったなど、心にストレスを感じている場合。また、過度のダイエットをしている、疲れがたまっている、睡眠不足、運動不足など身体がストレスを感じている場合。この状態が続くと自律神経やホルモンバランスが乱れてしまいます。このままストレスを感じ続けると、妊娠しにくい状態になったり、体にさまざまな不調があらわれます。

心も身体もたまにはゆっくりと休ませてあげましょう。お気に入りの音楽を聴きながらほっと一息。あなたにピッタリのストレス解消法を身につけられるといいですね!

子宮からのサインの可能性

もし高温期がずっと続く状態で、生理が来ないのなら妊娠の可能性があります

目安としては、高温期が21日以上続いている場合。妊娠している場合でも出血が確認出来ることがあります。生理予定日よりも早い出血で、出血の日数が数日で終わった場合は着床出血であることも。生理予定日を過ぎても高温期が続いていたら、一度妊娠検査薬を試してみても良いかもしれません。

基礎体温の変化は、子宮からのSOSである場合もあります

例えば子宮内膜症。生理だと思っていた出血は、子宮の病気が原因の不正出血の可能性もあります。いつもとは違う基礎体温のグラフになるということは体からのサインかもしれません。

また妊娠していないのに高温期が長く続いてしまうことがあります。これは黄体ホルモンが過剰に分泌してしまう黄体異常症(ハルバン症候群)の症状の一つです。

基礎体温で低温期なのに高い時は焦ってしまいがちです。まずはこれらの状態の可能性を考え、様子を見てみましょう。もし不安を感じることがあれば病院で診てもらってくださいね。

▼関連記事:
基礎低温、低温期なのに高いってことはあるの??