交通アクセス・詳細情報

戌の日の混雑目安 混まない

事前予約 なし
受付時間 9:00~16:00
持ち物 なし
初穂料 7千円(お守り・腹帯)~
公共交通機関
マイカー
駐車場 あり
住所 〒603-8375 京都府京都市北区衣笠天神森町78
電話 075-461-7676
地図
公式HP ⇒ こちらへ

体験談

京都市北区衣笠にあるわら天神は、安産祈願として地元でもとても有名な神社です。私も実家が近いということもあり、妊娠中の戌の日にあわせて主人と母と一緒にお参りへ行きました。我が家では姉も親戚もみなこちらの神社でお世話になっています。実際に私の母も妊娠中こちらの神社に訪れたそうです。歴史ある由緒正しい神社というところですね。

神社から歩いてすぐ近くに専用の駐車場があるのでそこに車を駐車しました。お天気の良い週末でしたので同じ様な妊婦さんらしき方や家族連れが訪れていましたが、駐車場は並ぶ事なく入れました。10台以上駐車できるスペースがあったのが良かったです。わら天神は、とても清々しく苔や木々がたくさんあり、まさにパワースポットという感じです。つわりも落ち着いていましたのでお散歩を兼ねて境内を歩き回りました。

まず最初に社務所で、少し並んでご祈祷済みのお守りセットや腹帯等を7000円で購入しました。 腹帯が入っていないタイプのお守りセットもあり、そちらはもう少し安価だったと思います。腹帯は二種類入っていて、帯状の物と伸縮性のあるゴムのようなものがありました。交互に交換して付けると良いそうです。洗い替えですね。 その他に赤ちゃんの小さな産着や出産直前(産気づいた時)に飲むお札(オブラート状)などが入っていたのには驚きました。小さな産着は実際に着るというよりは赤ちゃんのお洋服タンスに入れておくと良いと聞きました。そしてわら天神と言えば、藁のお守り占いで有名なのですが、こちらも入っていました。藁に節があれば男の子。節がなければ女の子が生まれるという占いができるのですが、帰って開けてみたら節がありませんでした。そして生まれて来たのも女の子でした!あたりですね。

これら社務所で購入した物がご祈祷済のものになるので、神主さんに直接祈祷していただくスタイルではありませんでした。 妊娠9ヶ月目には、9日詣でというのがあり、予定日の1週間前から1週間後までの間に神社でご祈祷いただけるのですが、遠方のため母が申込へ行ってくれました。 そのお陰か元気な赤ちゃんが生まれ、すくすくと成長中です。またお礼参りにもわら天神へ行きたいと思っています。

 

⇒ 知っておきたい戌の日の基礎知識はこちら