交通アクセス・詳細情報

戌の日の混雑目安 やや混む

事前予約 なし
受付時間 9:00~16:00
持ち物 なし
初穂料 7千円(お守り・腹帯)~
公共交通機関
マイカー
駐車場 あり
住所 〒830-0025 福岡県久留米市瀬下町265
電話 0942-32-3207
地図
公式HP ⇒ こちらへ

体験談

妊娠5か月に入った戌の日に、福岡県久留米市にある水天宮に安産祈願に行きました。事前にホームページで調べたところ、予約は必要ないとのことだったので、混雑しなさそうなお昼時に伺いました。

平日だったのですが、大して人も多くなく、駐車場にもスムーズに停めることができましたし、安産祈願も待ち時間なく祈祷して頂くことができました。

全体的な流れとしては、まず受付をして祈祷料を支払います。名前と住所と予定日を紙に書いて渡し、祈祷料は7000円で腹帯付きでした。腹帯を持参してきた人は少し祈祷料が安くなるようでした。そして、受付が終わったら名前を呼ばれて実際に祈祷に入ります。私が伺った日は、他に4組の妊婦さんが一緒に祈祷されていました。

宮司さんがお経のようなものを読んで、「頭を下げてくだい。」とか「復唱してください。」と指示を出されるので、その通りにします。お経の中には、祈祷に訪れた妊婦さんの名前と住所も入っていて、無事に安産で出産できるようお守りください、というような内容をおっしゃっていました。祈祷の時間は大体15分~20分程度でしたが、この時間は祈祷する妊婦さんの数によっても若干変わってくるものと思われます。

そして、祈祷が終わると最後に一人ずつ名前を呼ばれ、腹帯・お守りなどのセットを渡され、解散となりました。腹帯は家に帰ってお腹に巻いてみましたが、さらしのような生地でできたただの布なので実用性には欠けるものだと思います。実際私は、一度巻いただけで他のガードルタイプの腹帯を買って日常的に使っていました。私以外の妊婦さんは腹帯を持参していて祈祷のときに膝においていたので、今後安産祈願をしてもらうときは腹帯は持参しようと思いました。

また、祈祷して貰う前は、祈祷中、正座だったらきついなぁと思っていましたが、実際は椅子が置いてあり、とても楽でした。祈祷スペースは結構広かったので、もし戌の日が土日に重なってしまう場合でも、一度に20組位は祈祷してもらえるように思います。祈祷自体もおそらく一日に何回も行われているようでしたので、そんなに混雑したり長い待ち時間を過ごしたりすることもないのではないか、と思いました。

 

⇒ 知っておきたい戌の日の基礎知識はこちら