交通アクセス・詳細情報

戌の日の混雑状況 混んでいない
事前予約 なし
持ち物 なし
初穂料
公共交通機関
マイカー
駐車場 無料駐車場あり
※ 普通車台数/12台
住所 〒650-0011 神戸市中央区下山手通1丁目2-1
電話 078-321-3851
地図
大きな地図で見る
公式HP ⇒ こちらへ

体験談

まだ関西に住んでいた頃、遠くの神社に行くことも考えましたが近場の神戸生田神社に行きました。 どこの神社にいくか迷っていた時に知りたかったのは、一つはどこの神様でも安産祈願のご利益としては問題ないのかということです。

私が行った神社はどちらかというと、縁結びの意味合いが強い神社でした。子供との縁を結ぶだとか、考えようによっては何の問題もないだろうと納得して行ったんですが、安産祈願がかなり重要視されている神社に行った友人は、神社で腹帯を頂いて、母親になる心構えのような冊子、後陣痛が来たら灯蝋燭、など妊婦の為に誂えたであろう品々を多く頂戴して来ていて少し羨ましかった覚えがあります。 うちが行った神社は、お宮参り・安産祈願・あと恋人同士の縁結びの祈祷・御一人で出会いの縁を願って祈祷されている方、と本当に様々な方と一緒にご祈祷を受けたので、何だか少し忙しなかったな、という思いが有ります。 頂いたお土産も、どの方に渡っても問題ないような無難な物でした。

後、お恥ずかしい話安産祈願の時点でまだ主人と籍を入れておりませんでしたので、安産祈願の時の名前を旧姓にしたら良いのか新しい姓にしたら良いのか、それで結構の間悩んだ覚えがあります。 結局は新しい姓で祈祷しました。

私には伴侶がいましたが、最近はたった一人で子供を産んで育てられるシングルマザーの方も多いと聞きます。 こっそり誰にも会わずに祈祷出来るような環境があるのならば、妊婦が見るコミュニティサイト等でそういう情報もあれば良いなと思います。 祝福してやるのが自分だけでも、きっと親として本当はしてやりたいって思うお母さんは沢山いると思うので。

あとは罰当たりですが、遠方に住んでいても、そういう安産祈願を重きに置いている神社さんからの祈祷を、遠くからやって頂けるような所があるのならそれも知りたかったと今になっては思います。 でもやっぱり、母親となる自分と、父親になる伴侶と一緒に、目の前で祈祷して頂いてお腹の中にいてくれる命は今から育って行くのだという実感をするのが一番良いのかな、と言う気もしれおります。

 

⇒ 知っておきたい戌の日の基礎知識はこちら