交通アクセス・詳細情報

戌の日の混雑状況 混んでいない
事前予約 なし
持ち物 なし
初穂料
公共交通機関
マイカー
駐車場
住所 〒675-0061 兵庫県加古川市加古川町大野1755
電話 079-422-7646
地図
公式HP ⇒ こちらへ

体験談

我が家は二回の安産祈願をしましたが、二回とも加古川にある日岡神社でしました。 この神社を選んだ1番の理由は「家から近い」ということです。 車で行きましたが、徒歩でも行ける距離なのです。

だから日岡神社には初詣やお花見なんかでもよく行っていましたので、安産の神様だということは妊娠前から知っていました。 結構有名な神社らしく、いつ行っても参拝者がいます。 日岡神社は事前に予約ができないので、当日現地に行って受付をします。 駐車場はぱっと見た感じは狭いですが、奥にも停められるので結構停められると思いますが、 神社までの道中がちょっと狭いです。

私たちが行った時には全部で5組位、安産祈願の人がいました。 祈祷料金は1万円くらいだったと思います。 私たちは祖父が選んでくれた腹帯も付いたパック(?)にしましたが、もう少し安い物もあったと思います。

腹帯も持ち込みでもよかったと思います。

時間は、本殿に入ってからは10分ほどでした。 思ったより早く終わった気がしました。 日岡神社には言い伝わる噂があって、祈祷をしてもらった後、門を出て最初に出会った人が男性なら男の子、 女性なら女の子が生まれると言われています。

我が家は2回とも男性に出会い、結果男の子で噂通りでした。 たまたまだったのかもしれませんが、当たっていたのでちょっとビックリでした。 希望は女の子だったんですけどね。

ご祈祷で頂いた物は、「お守り・御神符・御神供」の3つでした。 御神供はその日の夜に食べましたけど、これにも噂があって、中の御神供が奇数なら男の子、偶数なら女の子とか言われています。このあたりに住む人には有名な話で知っていましたが、私はその時すっかり忘れていて、数えるの忘れていました。食べた後で思い出しました・・・(笑)

二回の出産とも安産で、一人目はなんと陣痛から三時間、二人目は陣痛から二時間で生まれてくれるという周りもビックリのスピード出産でした。 痛い思いをあまりせずにパッパッと出産出来たのは安産祈願のおかげですかね。 行っておいて良かったです。

 

⇒ 知っておきたい戌の日の基礎知識はこちら