初穂料とは

安産祈願でお参りするときには、謝礼として初穂料(はつほりょう)を持参します。

神道の場合、初穂の代わりとして納める金銭を初穂料といいます。 古来より、神様に祈りを捧げる儀式の際には農作物が供物として奉納されてきました。 初穂とは、その年に最初に収穫した農作物をさします。

もともとは、主として稲、さらに穀物をさしていましたが、その後野菜やくだものなどの農作物全般をいうようになりました。 現在では初穂の代わりに金銭を初穂料としておさめるようになりました。

初穂料はいつ渡す?

初穂料は安産祈願のお参りの際に持参します。 まず神社につくと社務所で祈祷の受付を行い、祈祷申込書などに記入します。 その申込書に必要事項を記入して巫女さんなどの神社の方に渡す際に「本日は宜しくお願いします」と初穂料を一緒に渡すのがよいでしょう。

のし袋の選び方

初穂料は基本的に現金を紅白の「蝶結びの水引き」ののし袋にいれます。

のし袋が無い場合は白封筒に入れます。 紅白の水引きが蝶結びではなく結び切りのものは、結婚式のお祝いに使うものなので注意しましょう。 のし袋の表裏の書き方

のし袋・中包み・中袋の書き方

のし袋の上段には「御初穂料」「御礼」あるいは「御玉串料」などと書きます。 水引の下段には祈祷を受ける両親、つまり妊婦さんとそのご主人の名前をフルネームで連名で書くか、もしくは姓のみを書きます。 この時、ボールペンではなくて、筆ペンで書きましょう。 ボールペンが全くのNGではありませんが、見た目の良さやのし袋への書きやすさからいっても筆ペンをおすすめします。

次にのし袋の中に入れる中袋あるいは中包みの書き方を説明します。 中袋の表には包んだお金の金額を、裏面には住所と祈祷を受ける両親の名前を連名でフルネームか姓のみを記入します。

金額の書き方

金額は「壱、弐、参……」と大字(だいじ)を用います。 例えば一万円包む場合には「金壱萬円」と記入します。 大字の数字

ただ現在は厳密に大字にこだわることは特になく「一万円」「五千円」といった書き方でも受け取ってもらえます。 市販ののし袋には、中袋に裏に住所や名前を書く欄をあらかじめ印刷しているものもあります。

初穂料のお金の包み方

中袋に入れるお金にも注意が必要です。 お金にも裏と表があります。 人物が印刷されている方が表面で、人物がない方が裏です。 中袋に入れる際は、お札をタテ方向に入れますが、この時人物が印刷してある部分が上にくるようにしましょう。 のし袋と中包みあるいは中袋とお札は、それぞれ表の面が揃うようにセットします。

これで初穂料の準備ができました。 慣れないことなので、戸惑うことあるかもしれませんが、決して難しいことではありませんので、体調のいいときに準備を進めてみてください。

 

PR

学資保険への加入などお金がかかります。気持ちを一新する際に財布を購入する際には参考になさってください。
風水からみたお金がたまる財布の選び方 | 金運財布なび

 

⇒ Homeへ戻る