交通アクセス・詳細情報

戌の日の混雑状況 混んでいない
事前予約 なし
持ち物 なし
初穂料
公共交通機関
マイカー
駐車場 無料駐車場あり
※ 普通車台数/12台
住所 〒730-0011 広島市中区基町21番2号
電話 082-221-5590
地図
大きな地図で見る
公式HP ⇒ こちらへ

体験談

第一子を妊娠時に安産祈願に行きました。広島県の中でも有名な護国神社に行きました。場所は広島市の中心部にあり交通の便も良いのですが、つわりがあったので、主人の車で行きました。神社に駐車場はないだろうと思っていたのですが、境内のほど近いところに無料駐車場がありました。 妊娠5か月に入ってからの戌の日に実母と主人とお参りしました。いとこが数年前に同じ神社で安産祈願をしてもらっていたので、いろいろと教わってから行きましたが、少々事情は変わっていました。まず、お参り時間(祈祷の時間)は祈願希望者がある程度集まったら開始されると聞いていましたが、実際は、30分に1回でした。1組だけでも待ち時間は変わらないようです。

祈祷料も気持ちで、と聞いていましたが、実際には安産祈願¥5000と決まっていました。厄除け祈願など、祈願の内容によって金額は違うようです。¥3000か¥5000にするか迷ったあげく¥5000入れていたので安心しました。 腹帯を¥2500で販売していました。持参すると神社の印を押してもらえると聞いていましたが、実際には腹帯の上に神社の印を押した熨斗が巻かれていました。実物に印を押されると洗濯して流れてしまうのではないかと思っていたので、熨斗で良かったです。 安産祈願ということで、妊婦さんばかりがワラワラと集まるのではないかと思っていましたが、厄除け祈願の人も一緒での参拝でした。 いとこの情報は5年前のものですが、たった5年でこうも事情が変わるのかと驚きました。きちんと参拝予定の神社に詳細を問い合わせていくのが良いと思います。特に祈願料は確認しておいた方が良さそうです。始めての妊娠だと多少体調が悪くても安産祈願には行きたいと思われると思います。スムーズに無事に祈願が行われるように段取りを組んでいきたいものです。

ちなみに祈願自体は20分くらいでした。記念のお守り、守護矢などがもらえました。寒い時期、天気の悪い時期は石畳で滑らないよう安定した靴でおでかけください。

記念写真をとっておくと良い思い出になりますよ。私からの疑問ですが、第二子以降もみなさん安産祈願に行かれるのでしょうか?

 

⇒ 知っておきたい戌の日の基礎知識はこちら