今さら人に聞けない?!戌の日に安産祈願へ行くための服装とは

日本では、妊娠5カ月目に入った最初の戌の日に安産祈願へ行くと良いと言われています。 安産祈願では、妊婦のお腹に腹帯を巻いて神社やお寺などでお祓いを受けた後、ご祈祷をしてもらいます。 「お腹の赤ちゃんが無事に元気に生まれてきてほしい…」そんな願いをこめて多くの家族が日々お社へ訪れているのも、古き良き日本の習わしですよね。

ですが、古来から伝わる伝統の安産祈願だからこそ、服装や持ち物に対してのハードルが自然と上がり、何を着ていけば良いのかと悩んでいるプレママもきっと多いのではないでしょうか。

そこでここでは、安産祈願に着ていくための服装について、いろいろ調べてみました。

フォーマルでなくても良いが、ラフ過ぎるのはNG

大事な安産祈願と言うこともあり、お社へは正装で行くべきであると考える人は多いかもしれませんが、よほどの事が無い限りは普段の服装で構わないと言った見解が一般的だと言われています。 どんな服装が適しているのかについても、特にコレと言った決まりは無いため、基本的には妊婦の安全を考えた楽なスタイルを優先させることが可能です。 とは言え、神様に安産をお願いしに行くわけですから、服選びにも最低限のマナーは必要になってきます。

背中や肩が大きく見えるようなトップスや、派手な色合いや過度な柄モノは神聖な場所には似合いませんし、穴がたくさん空いたデニムやジャラジャラと飾り物が付いた上着など、一見だらしなく見えるファッションも神社には不向きです。 ボトムや靴に関しても、露出の多いミニスカートやショーパンにビニールサンダルなどを合わせたファッションではあまりにもラフ過ぎるため、避けるべきアイテムと言えるでしょう。 また、服装に合わせた靴の選び方についてですが、なるたけ脱ぎやすい靴を選ぶようにしてください。

お参り当日は境内から本殿に移動するなど、何度か靴を脱ぐ機会がありますので、妊婦が腰をかがまずに着脱できる靴が適しています。

春夏のお参りにおすすめな服装

この時期は、気持ちの良い気候ではあるものの、朝晩と日中の気温の変化が激しい季節でもあります。 また、桜の咲く頃は花冷えといって一時的に雪が降るほど気温が下がることもあり、雨も良く降ります。

春にお参りに行く場合は、こういった気温の変化にもすぐに対応できるような羽織り物が一枚あると大変便利です。 まだ肌寒いと感じる日には、チュニックにレギンスやマタニティデニムを合わせて、上からジャケットやウール素材のカーディガンを羽織ると良いでしょう。 汗ばむ陽気には七分袖のワンピースにコットン素材のカーディガンやボレロがあると、シルエットも綺麗に決まります。 その際、靴は低めのパンプスやバレエ型シューズがおすすめです。 本殿での裸足は厳禁ですので、ワンピースの場合はマタニティ用のストッキングやタイツを用意しておきましょう。

この時期は、日中の暑さ対策はもとより、湿気や虫対策にも気を配らなければなりません。 ワンピースを着る場合は通気性の良い生地を選び、階段などを上がることも考慮して、スカート丈はひざ下まで隠れるものがおすすめです。 ですが、流行りのマキシ丈ワンピなどは、妊婦が着用すると転倒の危険もありますので、着用の際は裾に十分注意してください。 チュニックやブラウスなどにボトムを合わせる場合は、厚めのデニムは避け、7分丈などの薄手のレギンスが最適です。

ちなみに、膝が見えるようなハーフパンツはラフ過ぎる傾向があるので、短くても7分丈程の長さは合った方が良いかも知れません。 室内や車内における冷房対策としては、薄手の羽織ものやストールがあると便利です。

また、夏の神社には蚊や毒虫などがたくさんいるため、足元が露出している場合は虫よけスプレーを用意しておきましょう。 日焼け対策として帽子をかぶる場合は、お祓いやご祈祷前には帽子を取ることを忘れないでください。

秋冬のお参りにおすすめな服装

この時期は、まだまだ日中は暑いものの、夕方からは冬を感じさせる肌寒さになることも多い季節です。 この寒さは春の寒さとは違うため、お参りに行く際も本格的な寒さ対策が必要となってきます。 ワンピースやブラウスの下には保温効果に優れたインナーを着たり、ボトムにデニムやレギンスを着用する場合は、秋冬対応の厚めの生地でできた9分丈や10分丈を着ていくようにしましょう。

また、11月は七五三があるので、有名な神社や水天宮などは大変込み合います。 平日の昼間でも待ち時間が必要な場合もあるので、特に下半身などの冷え対策は十分にしておきましょう。 ウールでできたストールやブランケットがあると、待ち時間にお腹や腰を冷やさずに過ごすことができます。

この時期は、境内だけでなく本殿も相当寒く感じられます。 ストーブなどの暖房があっても、神社やお寺などは気密性が低いため、あまり役に立ちません。 妊婦が身体を冷やすことはとかく厳禁ですので、お尻まで隠れるコートや保温性の高いインナーや服を選ぶなど、寒さ対策に余念がないようにしていきましょう。

この時期のおすすめの服装としては、ニットでできたワンピースやチュニックに厚手のタイツやマタニティデニムを合わせるコーデです。 ニットは暖かいのはもちろん、伸縮性が効くため妊婦のお腹の大きさを選ばないと言ったメリットがあります。 妊娠5カ月でもお腹の大きさは人それぞれですので、ニット素材の服であればサイズを気にせず準備することができます。 この時の服飾小物としては、マフラーやウールの帽子、手袋などもおすすめですが、これらはお祓いやご祈祷の前には全て取るようにしましょう。

また、その他の寒さ対策として、腰や手元にホッカイロを当てたり、温かい飲み物をポットで持参することも有効的な方法です。 ちなみに、冬場にブーツを履いていく場合は、滑りにくく着脱しやすいものを選ぶようにしましょう。 ムートンでできたヒールの低いロングブーツは大変暖かく妊婦にもおすすめな靴ではありますが、デメリットでもある脱ぎにくい点がお参りには向かない場合もあります。 靴に関しては、寒さ対策も必要ですが妊婦にとってできるだけ安全で着脱しやすいものを選ぶことが大切です。

一緒に行くパパにおすすめな服装

パパが一緒にお参りに行く場合も、基本的には妊婦と同じ感覚で構いません。 正装は特に必要ありませんが、派手な色や柄のシャツにハーフパンツ、裸足にサンダルと言ったラフ過ぎる恰好はできるだけ控えて下さい。

どんな季節にも対応できるおすすめのコーディネートとしては、襟のついたジャケットにパンツスタイルが最適です。 スーツのように上下揃える必要はありませんが、パンツはハーフや7分丈ではなく、靴下が隠れる長さが良いと言えます。 夏場の暑い時期は、カジュアルなワイシャツかポロシャツにスニーカーでも大丈夫です。

ボトムはデニムでも問題ないですが、穴がいくつもあいたものや低い位置で履く腰履きスタイルは避けましょう。 本殿に上がる際は素足は厳禁ですので、夏場でも靴下着用は必ず守るようにしてください。

 

⇒ Homeへ戻る