交通アクセス・詳細情報

戌の日の混雑状況 混んでいない
事前予約 あり
受付時間 9:30~16:30
持ち物 なし
初穂料 5千円~
公共交通機関
マイカー
駐車場
住所 〒918-8007 福井市足羽上町108
電話 0776-36-0287
地図
公式HP ⇒ こちらへ
備考

体験談

初めての出産ということで安産祈願は必ずしたいと思っていました。 妊娠5か月の戌の日にあわせて安産祈願をしようと計画し、まずどこの神社がいいのか検討を始めました。どの神社がいいのかさっぱり検討がつかず最初はインターネットで調べました。 すると、たまたま結婚式を挙げた神社が子授け、安産、子孫繁栄で有名な神社だと知りました。結婚式を挙げたときはその雰囲気と地元で大変歴史ある神社ということで選んだのでご利益などは特に知りませんでした。

思い出の地なので最適だと思い、その神社で安産祈願をすることに決めました。

その神社は福井県福井市にある足羽神社で継体天皇が主祭神として祀られています。その継体天皇が御子様に大変恵まれていたということで子孫繁栄にご利益があるとのことでした。 安産祈願で分からなかったことの一つは、お祓いしてもらう腹帯の準備をどうしたらよいかということでした。神社ではさらしの帯が購入すればあるようでしたが、さらしは普段使うものとしては現実的ではありませんでした。普段身につけて使う腹帯を祈祷してもらったほうがご利益があってよいと思ったので結局自分たちで持参することにしました。

また、御祈祷料をどれくらい包めばよいのか分からずネットで調べたりしました。神社によっては「お気持ちで」というところもあるようだったのでとても迷いました。でも、案ずるより産むが易しというのは本当で、電話で神社に予約の電話をかけたところ神社側から丁寧に御祈祷料の金額をはっきり言ってくださったのでそのように準備することができました。 そして、さらに迷ったのはその御祈祷料をどのように包んだらよいのかということでした。

のし袋に「初穂料」と書くのか、それとも普通の白い封筒にいれていけばよいのか迷いました。当日は結局両方準備していって状況に応じて対応しようと考えました。すると、神社のかたから金額を言われたので結局白い封筒に入れた状態でお渡ししました。 また、腹帯の持参の仕方もよくわかりませんでしたが、迷ったすえ風呂敷に包んで持参しました。他には当日着ていく服も迷ったりしましたが、お腹も少し目立ってきたので堅苦しくない楽な服装で行きました。 当日は事前に予約をしていて他の参拝客も多くない時間だったのでスムーズに祈祷参拝できました。

祈祷が終わったあとにはご親切にも神主さんが神社での記念撮影を申し出てくれました。それはとてもうれしかったです。

 

⇒ 知っておきたい戌の日の基礎知識はこちら