交通アクセス・詳細情報

戌の日の混雑状況 混んでいない
事前予約 なし
持ち物 なし
初穂料
公共交通機関
マイカー
駐車場
住所 〒699-0814 島根県出雲市湖陵町常楽寺757
電話 0853-43-1492
地図
公式HP ⇒ こちらへ

体験談

4年前、姉の妊娠が分かり、それも3つ子であるということが判明して、家族で安産のお守りを探そうということになりました。

三つ子というのは、一人だけ大きくなりすぎたり、早く生まれすぎたりで流産したり、障害が残ったりしてしまう可能性が非常に高いのだそうです。姉も病院に通いながら不安を感じていましたが、私たち家族もいてもたってもいられない気分になり、例え気休めでも良いから、と安産で御利益のある神社を探しました。 探す、といってもネットで検索というのがほとんどです。例え御利益があったとしても、遠すぎてはいけないし、近くでも場所が分かりにくかったり、そこまで評判が良くなかったりしたらあまり行きたいという気分になりません。また、子どもを授かりたい夫婦に御利益がある神社や、本来は夫婦和合の神社で安産のお守りを売っていたりというケースもあり、どれも一長一短で欲しい情報はなかなか見つかりませんでした。

最終的にここにしよう、と決めたのは島根県出雲市にある安子神社(あこじんじゃ)でした。ここに決めた理由は、名前が安産の子ども、というようにも読め縁起が良いと感じたこと、皇太子妃殿下雅子さまがご懐妊された際もこちらの神札が御嘉納されたと紹介されていましたし、何より探そうと決めたのが10月で、10月の出雲といえば神在月。他の県の神社に行くよりは御利益がありそうだと感じたからです。 行ってみて驚いたことに、安子神社はかなりこぢんまりとした神社でした。民家の間の狭い道を上り、駐車場と呼べるような駐車場もなく、道路脇に車を止めたくらいです。参拝者は私たち家族以外におらず、「本当にここ?」「大丈夫なの?」などと話しながら、小さな本殿にお参りしました。

当然、宮司さんなどもおらず、お守りも箱にお金をいれて自分で勝手に取るタイプです。本当に御利益があるのか心底疑いつつ、せっかく来たのだからと家族で安産を祈ってお守りをいただき、帰宅しました。

そのお守りを持った姉はその後、大したトラブルもなく3人を無事出産。ほぼ同じくらいの背丈に育った三人は、特に障害もなく順調に成長しています。あの時疑って申し訳なかったですが、これも安子神社の御利益のおかげと今ではとても感謝しています。"

 

⇒ 知っておきたい戌の日の基礎知識はこちら